総量規制対象外の意味とは・

お金を借りる時は、無制限で借りることができるわけではありません。一定の制限のもとで借入することができるだけです。そこまではだれもがわかっていることですが、具体的にはどのような規制があるでしょうか。規制の一つに年齢制限があります。年齢制限は20歳から65歳の間で借り入れをできるとしている業者がほとんどです。その理由は、返済能力ということを考えるとやはり安定した収入が見込めるが20歳から65歳という年齢がよいのです。確かに年金をもらっている65歳以上や社会人として働くことができる16歳以上であっても、安定した収入があるといえば間違いないのですが、実際に返済することができるかといえばまた別の問題になります。カードローンやキャッシングであれば無担保ローンになりますので、信用が重要になります。信用という意味において、はやはり20歳から65歳までと限定した方がよいというわけです。
一方で総量規制というものもあります。総量規制は貸し金業法で規定されている決まりになりますが、この内容は年収の3分の1までしか借り入れをすることができないという意味です。この意味は、年収の3分の1を超えてしまう場合は返済することができない人が多かったからです。そういう意味において借り入れを制限してます。ただし総量規制対象外になることもあります。総量規制対象外は、金融機関から借りた場合です。そもそも金融機関では、貸し金業法は適用されませんので総量規制対象外となります。つまり、総量規制対象外がよければ、金融機関から借りましょう。
総量規制対象外カードローンでお金を借りたい!ランキングTOP3はこちら