一般的な住宅の外壁塗装はいくらくらいで工事可能なのか

多くの住宅は、建築後10年前後で外壁のメンテナンスを行う必要があります。常に風雨にさらされており、日光を浴びている外壁は、そのままの状態にしておくと基本的な性能が劣化して住宅本体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。ひび割れや、塗装面が剥がれているなどの状況が見られた場合には、特に早急な対処が必要です。
最も気になるのが外壁塗装工事の総額がいくらになるのかということではないでしょうか。住宅の広さ(壁面の面積の広さ)によって総工事費は異なりますが、一般的な総2階建ての30坪程度の住宅であれば、100万円前後が公示価格の相場となります。
工事費用には材料費の他に、足場を組んだり養生を行ったりする費用、そして人件費が合算されて見積もりが出されます。外壁塗装工事は、塗装面の清掃に始まり、下地塗りとシーリングの補修交換、そして本塗りという作業工程となりますので、意外と手間がかかるものなのです。
もちろん外壁の痛みが少なく、汚れている状態を綺麗にしたいということであれば外壁清掃のみを行うことも可能です。ただしその場合は塗装面が新しくなるわけではありませんので、見た目はきれいになっても劣化した部分から痛みが進行してしまうという可能性も考えられます。やはり見た目は大丈夫であってもきちんとした外壁塗装工事を行うことをおすすめします。
多くの業者がありますので外壁塗装おすすめ比較サイトなどで情報を収集してみることが良いでしょう。塗装に使用する塗料のグレードによっても価格が変わってきますので、使用する塗料の特性をよく理解して工事の発注をすることが重要です。